www.chi-biz.com

喘息の発作時に見守ってくれた看護師さん

 

私は以前喘息の発作で入院したことがあるのですが、そのとき看護師さんにはすごくお世話になりました。
夜中喘息の発作がでて病院へと行ったのですが、病院へついたと同時に看護師さんがずっと背中をさすってくれたのでした。もちろん背中をさすってもらったからといって発作が治まるわけではないのですが、それでも気持ち的にとてもラクになりました。看護師さんが自分のことを気にかけてくれているということが安心感につながったのです。不確かな点がありましたら看護師 人間関係 転職にご相談ください。

 

その後酸素吸引をしたのですが、それにはおよそ一時間ほどかかりました。それなのにその間もずっと看護師さんはそばにいてくれ、発作が治まるまで見守ってくれていました。迷ったら看護師 求人 残業なしはこちらです。

 

もし酸素吸入をしているときに看護師さんがいてくれなければ、私はずいぶん不安だったと思います。
喘息の発作というのはひどくなると呼吸ができなるくらい苦しいものなので、看護師さんがそばにいてくれるのといないのとでは天と地くらいの差があるものです。よく知らない場合は看護師 Uターン 就職をご覧下さい。